トップページ緊急時の対応について

緊急時の対応について (平成26年7月8日より変更されました)

平成25年8月30日(金)から、気象庁の大雨及び洪水警報の改 善(「特別警報」の追加)に伴い、

本校の対応として下記のようにいたしますので、ご協力をお願いい たします。

1 集中豪雨・台風など自然災害に関して

(1) 午前6時の気象情報(NHKの気象情報)で、広島市に下記の警報が発令された場合は、その日を臨時休校とすることがあります。詳細は以下の通りとします。

@ 午前6時の気象情報(NHK:5時56分〜59分)で、広島市に「特別警報」または「大雨警報」と「洪水警報」の両方が発令されている時、「暴風警報」、「暴風雪警報」の何れかが発令されている時は、自宅で待機とします

A 午前8時の時点で、「特別警報」または「大雨警報」と「洪水警報」の両方が継続している場合、「暴風警報」、「暴風雪警報」が継続している場合、臨時休校とします。

B 広島市以外に在住している生徒で、広島市と警報の状況が異なる場合は、保護者が安全を確認の上、在住している地区において(1)に準じて対応してください。その場合は必ず学校(担任)に電話連絡をしてください。警報が解除された場合は、再度学校に電話連絡をして、その指示を受けてください。

(2) 登校後の警報については、安全を確認して、下校を早めたり、遅らせたりします。

(3) 臨時休校で、授業が欠けた授業時間は、補充を行うことがあります。

2 注意事項

(1) 臨時休校に関わる警報は、特別、大雨・洪水、暴風、暴風雪に限定し、大雪、波浪、高潮は除きます。

(2) 「メールによる学校連絡網」での連絡は、午前6時30分頃になるので、気象情報を確認し、 各自で判断してください。

(3) 「臨時休校」にするかどうかの判断は、あくまでも午前8時の時点で判断します。

3 お願い

「メールによる学校連絡網」への登録をお願いいたします。

ページの先頭へ戻る

English Site | 交通案内 | サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ