トップページ学校概要>理事長・校長のあいさつ

学校概要

理事長・校長のあいさつ

自分の夢を追い続けて、後悔しない3年間を。 

理事長 田中 清峰 高校3年間は、人生の進路が決まってくる大事な時機です。広陵高校には、全国レベルのクラブ活動と勉学の両立を目的に入学する生徒もいれば、国公立大学などを目指して、勉学に対し高い意志を持っている生徒もいます。それぞれの夢をかなえられるようなスタートを、広陵高校で切ってもらいたいと願っています。もし挫折するようなことがあっても、あきらめるのではなく、次の夢を見つける、できないことにもチャレンジする力を3年間で身につけてほしいと思っています。本校に入学していただいた以上は、教職員が全力を挙げてサポートします。

 また、生徒にはルールを守ることの重要性を機会のあるたびに教えてきました。学校では校則、社会では法律があり、決まったルールを守れない人は社会人として認めてもらえません。本校がルールやマナー、あいさつについて厳しく指導するのも、人として当たり前のことができるようにして社会に送り出したいと思っているからです。

 広陵高校は、120年という長い歴史と伝統のある学校ですが、時間の長さや伝統だけでは学校を存続させることはできません。そのような学校ほど、常に革新的なことを行い、時代に合った人材の育成に力を入れる必要があると思っています。少子化や厳しい経済状況を背景に、平成の今は、教育の転換期に来ています。私は、教育には競争原理も必要であると考えています。何事においても、競い合うことで勝っても負けても自身を高められることを感じ、常にやる気を起こせる人間の育成に努めていきます。


                         

 理事長 田中 清峰 インタビューより

「高い志」を持ち、夢や目標に向かってチャレンジする人に

校長 中土 基

 野球の名門と言われる本校では、早朝から様々な部活動が練習をしています。「1年の1日だけ、7時に登校して練習を見学してみたらどうですか」と、私はよく生徒に薦めます。汗を流して懸命に頑張っている姿から、「自分は何を頑張っているのか」、「やらないうちにあきらめてはいないか」、「高い目標を持ってやっているか」など多くのメッセージを受け取れるからです。

 広陵高校は、近年、中国地方屈指のICT教育先進校としても注目されています。平成25年から、インターネットを利用した自学自習ソフト「すらら」を導入しました。これは、中・高の英数国の学び直しがパソコン内でできる画期的なアプリケーションです。理解度もつまづき箇所もまちまちの勉強を、生徒個人のレベルでいくらでもさかのぼり、学び直すことができます。教師はデータをもとに一人ひとりを的確に指導し、寄り添うことができます。一つの苦手科目を克服するだけで志望大学に合格できる、そんな現実もあるのです。さらに「iPad mini」を485台購入し、1年生全員がタブレットを活用した授業をスタートしました。誰もが自分を見つめ、より上を目指せる学びの環境を整えました。

 また、平成27年度からユネスコスクールとして活動しています。テニアン中・高との国際理解交流や世界レベルの環境教育を取り入れ、地域社会・国際社会に貢献するグローバルな視点作りを目指しています。

 120年前、「教育は愛なり」という建学の精神のもとに誕生した広陵高校。「自立の心」「思いやりの心」「感謝の心」を養い、「高い志」を持ち、夢や目標に向かってチャレンジする人になってもらいたいと願っています。

 

校長 中土 基 インタビューより

ページの先頭へ戻る

English Site | 交通案内 | サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ